日本のエステティック産業の信頼と発展を目的に設立された日本エステティック工業会
 
エステティック業界ニュース

2017.3.27

エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!

− 熱傷や神経損傷を生じた事例も −

   

全国の消費生活センター等には、エステティックサロン(以下、「エステサロン」とする。)等でHIFU(ハイフ)という「高密度焦点式超音波」やそれに類する超音波技術を応用したという機器(以下、「HIFU機器」とする。)で施術を受けたところ、「顔面が急に熱くなり痛みが走った」 や「熱傷になり、治るまでに半年かかると言われた」、「神経の一部を損傷した」等で治療に数ヶ月を要する危害を負ったといった相談が寄せられています。

HIFU機器は、人体の表面を傷つけずに、超音波を体内の特定部位に集中させることで加熱し、熱変性を生じさせることができることから、医療で前立腺の治療等に用いられているものですが、エステサロン等でもホームページや施術前の説明でHIFU機器を用いて「脂肪細胞を溶解させる」、「肌の土台である筋膜に直接ダメージを与える」等、皮下組織に直接影響を与えることで小顔、痩身や美顔等の施術が出来るとうたっています。

その一方で、リスクについては説明がなく、「脂肪細胞を安全に破壊できる」等、消費者に安全な施術であると誤認させているエステサロン等もみられます。

このような行為を医師資格のないエステティシャン等が行なうことは禁じられています。

そこで、エステサロン等でのHIFU機器を用いた施術(以下、「HIFU機器」とする。)に関するトラブルについて調査、分析を行ない、消費者被害の未然防止と拡大防止のために消費者に注意を呼びかけるとともに、関係機関・団体へ要望および情報提供を行ないます。

国民生活センター ホームページ

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170302_1.html 

     

2017.3.27
2017年度 美容ライト脱毛関連講習会 開催日程 (日本エステティック振興協議会)
   

日本エステティック振興協議会では、2017年度美容ライト脱毛関連講習会の日程を下記のとおり決定しましたので、ご報告いたします。

是非、美容ライト脱毛トリートメントをメニューにしていらっしゃるエステティックサロンのエステティシャン様は、この機会にご参加をご検討ください。

【2017年度 美容ライト脱毛安全講習会】

◆大阪会場   2017年4月13日(木)   エルおおさか

◆札幌会場        4月18日(火)   滝川株式会社 札幌営業所

◆名古屋会場      5月11日(木)    IMYホール

◆東京会場        7月13日(木)   国際ファッションセンター

◆那覇会場        7月20日(木)   沖縄県男女共同参画センター

◆福岡会場        9月21日(木)   福岡県自治会館

◆大阪会場       10月26日(木)   エルおおさか

◆名古屋会場     11月 9日(木)   未定

◆東京会場    2018年2月 15日(木)   国際ファッションセンター

 

【2017年度 認定美容ライト脱毛技術者講習会】

◆東京会場   2017年5月25日(木)  国際ファッションセンター

◆名古屋会場      7月27日(木)  未定

◆東京会場        8月24日(木)   国際ファッションセンター

◆那覇会場        9月 7日(木)   沖縄県男女共同参画センター

◆大阪会場       11月28日(火)   ドーンセンター(予定)

◆名古屋会場      12月14日(木)    未定

◆東京会場   2018年3月20日(火)     国際ファッションセンター 

     

2017.3.24
『フェイシャル・ボディエステティック自主基準』を発刊 (日本エステティック振興協議会)
   

 

 

一般社団法人日本エステティック振興協議会は、今般『フェイシャル・ボディエステティック自主基準』を発刊いたしました。

  これに伴い、2016年12月8日(木)午前10時30分より、一般社団法人日本エステティック協会研修室において記者発表を開催いたしました。

この自主基準は、同振興協議会のフェイシャル・ボディトリートメントにおいて健康被害が多発し、これを是正するために策定したものであります。

ご高承のとおり、従来、美容ライト脱毛の健康被害が多発していたことから、2013年1月美容ライト脱毛自主基準を制定し、これと併せて美容ライト脱毛安全講習会を同時運営し、今では美容ライト脱毛に関する健康被害は極減した実績があります。

このように振興協議会は、エステティック業界の健全化に向け活動を強化している中で、美容ライト脱毛以外のフェイシャル・ボディトリートメントの自主基準の策定が急がれ、前述の目的に沿い、今般振興協議会の構成3団体(一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティックコ工業会)が共同で作成いたしました。

この他、今回は『美容ライト脱毛自主基準』と『エステティック業統一自主基準』の改定版を発刊し、関連法規の法改正部分等を反映しました。

エステティック業統一自主基準は、概要書面ならびに契約書の雛形を掲載するなど、これから業界で就業使就業しようと考えている方、エステティックサロン等を経営しているオーナーの方でも、より実務で使いやすい内容となっております。

各種自主基準は、一般社団法人日本エステティック振興協議会を構成している団体会員宛に配布するなど、自主基準を通じて、コンプライアンスの啓発活動を進めてまいります。

この機会にエステティックサロン様にこの自主基準をもとに営業展開をしていただき、法令違反が起こらないように対応していただけますよう宜しくお願いいたします。

 

『エステティック業統一自主基準』、『フェイシャル・ボディエステティック自主基準』、『美容ライト脱毛自主基準』の3冊セットは、当工業会ホームページ【出版物案内】のページよりご購入いただけますので、是非ご利用ください。

     

2016.9.13

脱毛エステ契約のポイント(消費者庁)

憧れの脱毛エステ!  ちょっと気を付けるだけでトラブル回避!

   

消費者庁では、消費者の皆様に向けたチラシ「脱毛エステ契約のポイント」を作成いたしました。

エステティックサロンで美容ライト脱毛トリートメントの契約をする前に一度内容をご確認ください。

お困りの時は一人で悩まずに、消費者ホットライン『188!(いやや)』までご連絡ください。

 


チラシ『脱毛エステ契約のポイント』 (pdfファイル)

     

2016.9.13

美容ライト脱毛エステティックサロンの特定商取引法違反に対する業務停止命令について(消費者庁)

   

エステティック美容ライト脱毛サロン「エターナル・ラビリンス」が消費者庁から「特定商取引法違反の継続的役務提供事業者に対する業務停止命令および指示について」が発令されました。(2016年8月24日)

業務停止命令等の発令の詳細は下記の通りです。

特定商取引法違反の特定継続的役務提供事業者に対する業務停止命令(9か月)及び指示について(pdfファイル)

今後、日本エステティック工業会は、業界の健全化に向け、この種の事件の発生を防止するため、各種講習会における教育活動をさらに重視して対応して参ります。 

     

2016.9.12

「エステティックの広告表記に関するガイドライン」刊行

(一般社団法人日本エステティック振興協議会)

   

 


 

エステティック業界の健全化とより一層の発展、消費者の安全と安心の確保を目的に、行政など国の機関への業界窓口としての役割を担う一般社団法人日本エステティック振興協議会は、エステティック業を取り巻く多岐にわたる法律を遵守するためのガイドブック『エステティックの広告表記に関するガイドライン』を発刊いたしました。

この度発刊いたしました『エステティックの広告表記に関するガイドライン』 は、エステティック業に関連した様々な法律(「不当景品類及び不当表示防止法」「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」など)を明記し、法律用語を噛み砕いてわかりやすく具体的な事例を挙げながら解説しています。

根拠が不明確な「たった10分でマイナス10歳も夢じゃない」、医療行為と誤認の恐れがある「ニキビの改善」、優位性を意味する「効果抜群」など、サロンが無意識に集客のために使いがちな言葉の注意喚起を行い、不当表示、誇大違反広告など違反広告をなくし、正しい広告表記による健全なエステティック業の発展を願い発刊するものです。

巻末にはサロンが不安を抱いたときに解決できるように行政監督官庁の相談窓口も記載しています。

価格:1部  500円(税別・送料別)

仕様:A6サイズ  24ページ  オールカラー

発行:一般社団法人日本エステティック振興協議会

 

購入のお申し込みは・・・・

一般社団法人日本エステティック振興協議会 事務局

TEL. 03-5823-4755   FAX. 03-3866-2600  URL:http://esthe-jepa.jp

     

2016.1.8
「美容ライト脱毛サロン認証」 を受付中
   

現在、特定非営利活動法人日本エステティック機構(JEO)では、美容ライト脱毛実施サロンにおいて、この「安全・安心のトライアングル」の要件を満たしている場合、「美容ライト脱毛サロン認証」の申請受付を開始しております。

これは、エステティックサロンで美容ライト脱毛を実施する場合にあたって、使用機器、技術者、経営者において安全・安心なサロンの証となっています。

書類審査に合格したサロンに対しては、本認証付与までの間、「JEO 美容ライト脱毛 エステティックサロン認証申請中」のステッカーを掲示できる制度もあり、いち早く、安全・安心な美容ライト脱毛提供サロンであることを消費者に提示できるものとなっています。

 

 

 

 

 

 「安全・安心なトライアングル」とは、安全・安心な美容ライト脱毛を提供するための3つの仕組みです。

1つ目は、機器の安全性を担保する「美容ライト脱毛機器適合審査制度」、2つ目は、正しい知識を持った技術者を育成する「美容ライト脱毛教育制度」 (「美容ライト脱毛安全講習会」・「認定美容ライト脱毛技術者講習会」)、3つ目が、経営者の法令遵守を目的としたJEO主催の「経営者・管理者講習会」です。

この機会に是非、エステティシャンの方々には、「美容ライト脱毛安全講習会」・「認定美容ライト脱毛技術者講習会」を、サロン経営者の方々には「経営者・管理者講習会」の受講をご検討いただけますよう宜しくお願いいたします。

「美容ライト脱毛安全講習会」、「認定美容ライト脱毛技術者講習会」、「経営者・管理者講習会」のお問い合わせは・・・・

一般社団法人日本エステティック振興協議会  事務局

TEL. 03-5823-4755   FAX. 03-3866-2600    URL:http://esthe-jepa.jp

 

「美容ライト脱毛サロン認証」のお問い合わせは・・・・

特定非営利活動法人日本エステティック機構 事務局

TEL. 03-3230-8002   URL:http://www.esthe-npo.org/

     
▶  2012.12.11  景品表示法パンフレット(東京都)について 
   

東京都では、景品表示法に関するパンフレット『知っておきたい広告表示のルール』を作成いたしました。

景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)は、過大な景品類や虚偽・誇大な不当表示を禁止することで、消費者の利益を保護しています。

このパンフレットは、不当表示に関する東京都の指導事例等を解説し、事業者の皆さんが広告表示を行う際に留意すべきポイントを分かりやすくまとめたものです。

(パンフレット「知っておきたい広告表示のルール」より) 

景品表示法パンフレットに関するホームページ

東京くらしWEB     http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/

     
▶  2012.6.14  光脱毛行為による医師法違反容疑者逮捕の報道について(日本エステティック振興協議会)

(5/22 エステサロン ドクタータカハシ梅田店8名が医師法違反容疑で逮捕) 

   

日本エステティック振興協議会より、上記事件に関連し、一部メディアの報道によりエステティックサロンで行う光脱毛が医療行為で危険であるかのような誤解を消費者に与える懸念があるため、改めて日本エステティック振興協議会が取り組んでいる安全確保のための活動、並びに医療とエステティックでの光脱毛の違い等を報告させていただきます。

光脱毛を行うサロンの皆様は、報告内容の周知徹底を宜しくお願いいたします。

光脱毛行為による医師法違反容疑者逮捕の報道について【報告書】

     
▶  2012.3.29  「オイルの付着したタオルによる衣類乾燥機の火災事故の防止について」

(経済産業省 商務情報政策局) 

    エステティックサロン、マッサージ店等において、オイルが付着したタオル等を乾燥させたために電気・ガス衣類乾燥機や電気洗濯乾燥機から出火した火災が相次いでいることを受け、経済産業省商務情報政策局 ヘルスケア産業課、並びに製品安全課より 事故の再発防止の要請がありました。

美容オイル等をご使用のエステティックサロン様では、今一度ご確認いただきますようお願いいたします。

オイルの付着したタオルによる衣類乾燥機の火災事故の防止について』(資料)

     
▶  2011.1.18  タンニングマシン利用上の「安全基準」が新たに生まれ変わりました(日本セーフティ・タンニング協会) 
    日本セーフティ・タンニング協会では、タンニングマシン(日焼けマシン)を、より安全に利用していただくために、外部の有識者による検討会を設置して、新たな安全基準の策定を行いました。

新基準は、ご利用できない方の範囲、利用にあたっての注意事項等を分かりやすいものに見直すとともに、機器の照射の強度と利用時間の目安を設定するなど、特に初めての利用者の方でも、安心してご利用いただけるよう配慮されています。

詳細につきましては、下記、日本セーフティ・タンニング協会のホームページをご覧ください。

日本セーフティ・タンニング協会ホームページ  http://safetytan.org 

     
▶  2010.7.7 日焼けマシン使用に関するの注意点について (東京都 生活文化スポーツ局)
   

全国の消費生活相談窓口には、日焼けマシンによる危害の相談が寄せられています。

日焼けマシンを置いている店舗は国内に約1,000施設あると言われています。

東京都 生活文化スポーツ局では、日焼けマシンを使用する消費者の皆様方にも使用方法に関する注意喚起を行っておりますので、下記ホームページでご確認ください。

東京都 生活文化スポーツ局 ホームページ

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/tocho/caution/hiyake.html
     
▶  2010.2.19  「まつ毛エクステンション」の危害について 
    独立行政法人国民生活センターより、「まつ毛エクステンション」の危害情報がまとめられ、 

事故の未然防止・拡大防止のため、情報が公表されました。

詳細につきましては、下記の国民生活センターホームページでご確認ください。

  ◆国民生活センター ホームページ 「まつ毛エクステンション」の危害について

     
▶  2009.9.25 「セルフ脱毛」に関する注意喚起について 
    日本エステティック振興協議会では、「セルフ脱毛」に関する注意喚起を行います。

セルフ脱毛については、危険を未然に防止するために絶対行わないよう厳重に

注意喚起いたしました。

この「セルフ脱毛」とは、「サロンが業務用の光脱毛機器をお客様に有償で貸与し、

サロン側がお客様に機器の取り扱い方法と施術方法を教え、お客様自らがその機器を

用いてサロン内で脱毛を行う商行為」です。

本件についてご理解を賜り、周知徹底を宜しくお願いいたします。

◎ 日本エステティック振興協議会 注意喚起文書 ◎

◎ 一般社団法人日本エステティック工業会 注意喚起文書 ◎

◎ 一般社団法人日本エステティック協会 注意喚起文書 ◎

◎ 一般社団法人日本エステティック業協会 注意喚起文書 ◎

     
▶  2009.4.9  ほくろ取り施術ご注意(朝日新聞) 
   

国民生活センターは、9日、エステサロンのほくろ取り施術などで皮膚が陥没したり、ケロイド状になったりする被害が相次いでいると発表した。99年~08年度の10年間で、50件近い被害相談が全国から寄せられている。ほくろを取る時は専門医に相談するよう呼び掛けている。

◆国民生活センターホームページ 「ホクロ取りでの危害—エステや自己処理でヤケドや傷—」

     
▶  2009.2.5 中古機器を購入する際の注意点について (日本エステティック振興協議会)
   

日本エステティック振興協議会より「中古機器を購入する際の注意点について」の文書が発表されました。 
中古機器を購入される際は、下記文書をご確認の上、ご購入の計画を立てください。

◆ 中古機器を購入する際の注意点について ◆

◆ 中古機器購入計画時のチェックポイントについて ◆
 

     
▶  2008.12.26  オイルのついた洗濯物 乾燥機は厳禁 エステサロンなどで発火事故増加 (産経新聞)
    オイルのついた洗濯物が乾燥機の中で発火する事故が増えている。油分の酸化熱による自然発火が原因とみられ、「心身をリラックスさせる効果がある」と女性の間で人気の高い美容系オイルによる事故が目立つという。これから乾燥機の出番が増える季節。オイルが付着した洗濯物は、乾燥機を使用しないようにしたい。  
     
▶  2008.12.18  テレビ通販、相談が昨年度は最多に…「契約・解約」7割超 (読売新聞)
    国民生活センターは17日、テレビショッピングに関する相談が年々増え、2007年度は2251件と過去最高になったと発表した。
商品の特長が強調される一方、返品や使用上の注意についての情報が少なく、解約の相談が目立つという。
同センターによると、全国の消費生活センターに1998年度から今年11月までに寄せられたテレビショッピングに関する相談は計1万4539件。特に、2005年度以降は、毎年約400件ずつ増えている。相談者の66・9%は50歳代以上。商品別では、健康食品と化粧品が多い。
相談内容の77・7%は「契約・解約」に関するもの。北海道の40歳代女性は購入した補整下着のサイズが合わず、返品を申し出たが、認められなかった。
テレビショッピングは、現状ではクーリングオフ制度が適用されず、解約や返品方法は事業者に委ねられている。国民生活センターは「消費者は商品購入前に、返品の可否や条件を確認してほしい」としている。

◆国民生活センターホームページ 「テレビショッピングに関するトラブルが増加」

     
▶  2008.12.17  足裏マッサージ器で窒息死3件=布カバー外し、首に使用か (時事通信社)
     足裏用のローラー式電気マッサージ器の布カバーを外し、首をもむために使ったため、衣服が巻き込まれ窒息死した事故が約10年間に3件発生していたことが16日、分かった。製造した的場電機製作所(埼玉県川越市)が厚生労働省で記者会見し明らかにした。
このマッサージ器は医療機器として承認を受けており、同省は同日、業界団体の日本ホームヘルス機器協会に事故を伝達。正しい使用法を呼び掛けるよう注意喚起した。
同社によると、事故が起きたのは1986年製造の「アルビシェイプアップローラー」。83年から90年まで約42万台が製造、出荷された。3件とも専用の布カバーを装着せず、首へのマッサージ用に使い、衣服を巻き込んだという。説明書には「足裏用」と書かれている上、カバーを外して使わないよう明記しているという。 

◆厚生労働省ホームページ 「家庭用電気マッサージ器の正しい使用について(注意喚起)」

     
▶  2008.10.17  やけど、カビ・・・『つけ爪』にご注意 (産経新聞) 
    指先のおしゃれとして人気の「つけづめ」が原因で、炎症を起こしたり、つめの間にカビが生えたといった相談が、国民生活センターに過去10年間で少なくとも38件寄せられていることが16日、分かった。樹脂製などのつめをつける接着剤がポリエステル生地の着衣につくと、70度近い高温になる場合があることもテストで判明したとして、同センターは利用者に注意を呼びかけている。 

国民生活センターホームページ

つけ爪に関するホームページ(国民生活センター)