日本のエステティック産業の信頼と発展を目的に設立された日本エステティック工業会
 
用語説明
 

アルファベット・

ア行・

カ行・

サ行・

タ行・

ナ行・

ハ行・

マ行・

ヤ行・

ラ行・

ワ行

  
 ハ行
   

 

ハッカ油

 

無色~淡黄色の油でハッカ臭があり、シソ科植物「ハッカ」の地上部から得られます。血行促進や清涼作用があり、いろいろな化粧品に使用します。のど飴などにも使用します。

  
 

パパイン

 

パパイヤ酵素とも言います。白色~淡黄色の粉末で、パパイア科植物「パパイア」の果実から得られるたんぱく質分解酵素です。角質をやわらかくしたり分解する働きがあり、洗顔料などに使用します。

  
 

ハマメリスエキス

 

無色~赤褐色の液体で、マンサク科植物「ハマメリス」の葉や樹皮から抽出して作ります。
肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働き、収斂作用や消炎作用があり、基礎化粧品などに使用します。

   
 

パラフィン

 

白色の塊で、石油から得られます。固さを調節する目的などでいろいろな化粧品に使用します。

   
 

パルミチン酸

 

白色のワックスで、動植物油から作ります。固さを調節する目的などでいろいろな化粧品に使用します。

   
 

パルミチン酸アスコルビル

 

ビタミンCパルミテートとも言います。白色の粉末で、アスコルビン酸(ビタミンC)とパルミチン酸を化学合成して作ります。酸化を防ぐ働きや、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きや、コラーゲンの生成を促す働きがあり、美白を目的とした基礎化粧品などに使用します。

   
 

パルミチン酸レチノール

 

ビタミンAパルミテートとも言います。淡黄色~黄赤色の固体または油で、化学合成して作ります。肌を正常に維持する働きがあり、基礎化粧品や頭髪用製品などに使用します。

   
 

バレイショデンプン

 

白色の粉末で、ジャガイモから得られます。肌に対して付着性を持ち、感触や肌へののびを良くする目的などでフェイスパウダーや基礎化粧品などに使用します。

   
 

パンクレアチン

 

パントテニルアルコールとも言います。無色の粘りのある液体で、化学合成して作ります。
肌を健やかにする働きがあり、基礎化粧品などに使用します。毛髪の成長を促進する作用もあり、育毛剤にも使用します。

   
 

ヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸ナトリウムとも言います。白色~淡黄色の粉末で、動物から抽出または微生物を用いて発酵させて得られるヒアルロン酸を水酸化ナトリウムで中和して作ります。肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働きがあり、基礎化粧品などに使用します。水酸化ナトリウムで中和していないヒアルロン酸も同様に使用します。

   
 

ビタミンA油

 

黄色~黄褐色の油で、化学合成して作ります。またタラなどの魚類の肝臓からもとれます。
肌を正常に維持する働きがあり、メイクアップ化粧品、基礎化粧品、頭髪用製品などに使用します。

   
 

ヒドロキシエチルセルロース

 

白色の粉末で、化学合成して作ります。水に溶かすと粘りを増す働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ヒマシ油

 

無色~淡黄色の透明な粘りのある油で、トウダイグサ科植物「トウゴマ(別名ヒマ)」の種子からとれます。油に溶けやすいメイクアップ化粧品の色素や油性の汚れなどを落とす働きがあり、クレンジングオイルなどに使用します。唇になじみやすく、のびやつきを良くする働きもあり、口紅などにも使用します。

   
 

ピリドキシンHCl

 

ビタミンB6塩酸塩とも塩酸ピリドキシンとも言います。白色~淡黄色の粉末で、化学合成して作ります。肌あれやニキビなどを改善する働きがあり、基礎化粧品などに使用します。

   
 

フェノールスルホン酸亜鉛

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛とも言います。白色の粉末で、化学合成して作ります。収斂作用があり、基礎化粧品などに使用します。

   
 

フェノキシエタノール

 

無色~淡黄色の透明な粘りのある液体で、化学合成して作ります。菌の繁殖を抑える働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ブチルパラベン

 

パラオキシ安息香酸ブチルとも言い、パラオキシ安息香酸エステルの一種で、パラベンと略称で言うこともあります。白色の粉末で、化学合成して作ります。菌の繁殖を抑える働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

プラセンタエキス

 

胎盤抽出液とも言います。 豚または羊の胎盤から抽出し、血液や油溶性成分を取り除いて作ります。肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働きがあり、肌の細胞を活性化し、美白作用もあり、基礎化粧品などに使用します。

   
 

プロピルパラベン

 

パラオキシ安息香酸プロピルとも言い、パラオキシ安息香酸エステルの一種で、パラベンと略称で言うこともあります。白色の粉末で、化学合成して作ります。菌の繁殖を抑える働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ヘチマエキス

 

淡黄色の液体で、ウリ科植物「ヘチマ」の葉や茎から抽出して作ります。肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働きや消炎作用があり、基礎化粧品などに使用します。

   
 

ヘチマ水

 

無色~淡黄色の透明な液体で、ウリ科植物「ヘチマ」の茎を切り、流れ出た液体を採取して作ります。肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働きや消炎作用があり、基礎化粧品などに使用します。江戸時代からヘチマ水が化粧水として用いられています。

   
 

ベヘニルアルコール

 

白色の薄片、粒または塊状の物質で、動植物油から作ります。固さを調節する目的などでいろいろな化粧品に使用します。

   
 

ベントナイト

 

白色~淡黄褐色の粉末で、粘土から得られます。大量の水分を吸収して著しく膨らむ性質を持ちます。さっぱりした使用感があり、ゲルを形成する働きがあり、基礎化粧品などに使用します。ひんやりした使用感のあることからパックにも使用します。

   
 

ホップエキス

 

褐色~赤褐色の液体で、クワ科植物「ホップ」の松かさ状の雌花穂(球果)から抽出して作ります。肌の潤いを保ったり、肌をしっとりさせる働き、鎮静作用や収斂作用があり、基礎化粧品などに使用します。ホップはビールの苦味料としても使用します。

   
 

ホホバ油

 

無色~黄色の油で、シムモンドシア科植物「ホホバ」の種子から抽出して作ります。肌になじみやすく、さっぱりしており、基礎化粧品などに使用します。

   
 

ポリソルベート20

 

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)とも言います。淡黄色~黄色の液体で、化学合成して作ります。水に溶けにくい成分を水に溶かしたり、水と油を乳化する働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ポリソルベート60

 

モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)とも言います。淡黄色~黄色のペースト状で、化学合成して作ります。水と油を乳化する働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ポリソルベート80

 

モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)とも言います。淡黄色~黄色の液体で、化学合成して作ります。水と油を乳化する働きがあり、いろいろな化粧品に使用します。

   
 

ポリビニルアルコール

 

白色~淡黄色の粉末で、化学合成して作ります。水に溶かした液を乾燥させると皮膜を作る性質があり、ピールオフタイプのパックなどに使用します。